当ブログの記事にはプロモーションが含まれています。

YouTubeで視聴できる公式の音楽動画

音楽全般

YouTubeには有名無名問わず色々なバンドやミュージシャンの動画がたくさんありますよね。

サイト内で検索すると、関連する映像が全部あるんじゃないかと思うくらいの検索結果を返されます。

ただ、ユーザーが勝手にアップロードした非公式の動画が多くて、公式の動画を見つけにくいこともあります。

そんな時は、YouTubeの検索窓に「アーティスト名 official」と入れて検索すると出てきます。もちろん、YouTubeに公式チャンネルがない時は出てきません。

例)マイケルジャクソンの公式を検索

今回は僕が若い頃(30年以上前)に聴いていたアーティストや時々聴いているアーティストの公式チャンネルを紹介しようと思います。

活動を停止したアーティストや解散しているバンドのチャンネルも含まれていますが、昔のヒット曲や懐かしい曲の動画もあるのでチェックしてみてください。

海外のアーティスト

Vevo

YouTubeで「Vevo」と表示されている動画に遭遇することがあると思いますが、これも公式動画です。

Vevoは大手レコードレーベル3社が設立した動画ホスティングサービスで、YouTubeで動画を公開しています。Vevoが公開している動画はURLの最後が「アーティスト名VEVO」になっています。

Vevoの動画を検索

国内のアーティスト

主な国内レーベルの公式チャンネル

下記一覧は国内のレーベルの公式チャンネルです。所属アーティストの動画があります。

Content ID

一般人がアップロードした動画の中には「YouTube に使用を許可しているライセンス所持者」という項目が概要欄に表示されるものもあります。

YouTubeにはContent IDという仕組みがあって、勝手にアップロードされた動画に対する処理を権利者が決められるようになっています。

How Content ID works - YouTube Help
Some copyright owners use Content ID, YouTube's au...

本来であれば著作権侵害になる動画は削除処理が妥当となるのですが、権利を持っている人や団体が動画での使用を許可した場合は、先ほどの表示と共に維持されます。

さいごに

非公式の動画の中には現地で撮影が許可されたライブ映像やContent IDの対象になっているものもあるので、すべての非公式動画が削除対象になるわけではありません。著作権管理ツール

ただ、そういった動画に関しても公式動画として公開されれば、非公式の動画の抑制につながると思うので、権利関係の問題も含めた改善が今後進むことに期待したいと思います。