当ブログの記事にはプロモーションが含まれています。

Netflixはおっさんでも楽しめるのか

メールアドレスの入力 映画

映画やドラマが見放題になる動画サービスを使う人が増えていますが、若い人向けというイメージがありません?

もちろん、中高年が興味を持つ作品もあるでしょうし、若年層をターゲットにした作品の中にも幅広い年齢層が楽しめるものもあると思います。

しかし、若人向けの作品がずらりと並んでいる状況を想像すると、中高年にはハードルが高くなりますよね。しかも有料だし。

僕も以前から興味があったのですが、おっさんの自分には無縁のサービスだと思っていたので、見て見ぬふりをしていました。

でも実際に使ってみないとわからないので、とりあえず知名度のあるNetflixを短期で試すことにしました。

選んだ理由は、追加料金なしの見放題であることと、登録してログインしないと配信している作品を検索できないから。

というわけで、今回はNetflixの使用感について書きます。利用を検討している同年代の参考材料になれば幸いです。

料金プラン

Netflixは有料サービスなので、月額料金を支払わないと使えません。気になる料金ですが、以下の3つのプランがあります。

プラン 画質 月額(税込み) 同時視聴端末
ベーシック SD 880円 1
スタンダード HD 1,320円 2
プレミアム HD / UHD 4K(利用可能な場合) 1,980円 4
2021年2月5日からベーシックが990円、スタンダードが1,490円になりました。
2022年11月4日から広告付きプラン(HD画質・月額790円・同時視聴1台)が追加されました。

レンタルやポイント制を併用している見放題サービスもある中、Netflixは月額料金のみというわかりやすい料金システムです。

ベーシックなら毎月880990円、スタンダードなら毎月1,3201,490円、プレミアムなら毎月1,980円を支払えば、全ての作品を視聴できるわけですね。

一番画質が低いSD画質でもアナログ時代のテレビと同程度なので、個人で使うならベーシックで十分だと思います。ただ、大きなテレビやモニターで視聴するならスタンダードかプレミアムがよいかも。

プリペイドカードにも対応

ネット上のサービスではクレジットカードでの支払いが定番ですが、Netflixはプリペイドカードでの支払いにも対応しています。

Netflix用のプリペイドカードは、オンラインストア、家電量販店、コンビニで購入できます。

月額にあわせた金額で販売されていないのですが、残高を日割りで消化する形になっているので無駄なく使えます。

チャージした分を使うだけなので、とりあえず試したいという時に便利だと思います。

Netflix 日本 - Watch TV Shows Online, Watch Movies Online
Watch Netflix movies & TV shows online or stream r...

オンラインショップ

Kiigo
世界最大級のオンラインストリーミングサービス 映画、TV番組、オリジナル作品のストリーミングなど、N...
NETFLIXのNetflixプリペイド・ギフトカードを贈る | カジュアルギフトのgiftee(ギフティ)
NETFLIXのNetflixプリペイド・ギフトカードをgiftee(ギフティ)ではオンラインで手軽...

家電量販店

・ビックカメラ
・ヤマダ電機
・エディオン
・ヨドバシカメラ
・ノジマ
・ケーズデンキ
・ジョーシン
・PCデポ

コンビニ

・ファミリーマート
・ローソン

プリペイドカードは2,000円、3,500円、5,000円の3種類ですが、コンビニでは2,000円と5,000円の2種類を販売しています。

登録の流れ

参考までにプリペイドカードを使った登録の流れも紹介します。以下はカードが手元にあることを前提にしています。

まず、Netflixにアクセスします。

Netflix Japan - Watch TV Shows Online, Watch Movies Online
Watch Netflix movies & TV shows online or stream r...

メールアドレスの入力

メールアドレスを入力したら「今すぐはじめる」をクリックします。

プラン選択

プランの選択画面が出たら「視聴プランを見る」をクリックします。

プラン決定

プランを選択したら「続ける」をクリック。
以下はベーシックを選択した場合。

ベーシックプランを選択

画面が切り替わったら「続ける」をクリック。

パーソナライズ

パスワードを入力して「続ける」をクリック。

パスワード決定

支払い方法の選択画面に切り替わったら「ギフトコード」を選択。

支払い方法の選定

購入したプリペイドカード裏の銀色部分(PINのところ)をはがすとギフトコードが出てくるので、それを見ながら入力します。入力が終わったら「ギフトコードを利用する」をクリック。

ギフトコードを入力

セキュリティ画面が出たら、指示に従ってクリックします。

セキュリティ画面

画面が切り替わったら「今はスキップする」をクリック。

今後の支払い方法

同意のチェックボックスをクリックして「メンバーシップを開始する」をクリック。

入金完了

携帯電話の番号を入力して「続ける」をクリック。

電話番号を入力

視聴に利用する端末を選んで「続ける」をクリック。

デバイスの選択

自分だけの利用ならそのまま「続ける」をクリック。

プロフィールを追加

好きな作品を3つ選んで「続ける」をクリック。

好みの作品を選択

先ほど入力した電話番号に確認コードを送信します。

確認コードを送信

受信した確認コードを入力して「確認」をクリック。

確認コードを入力

作業完了です。

アカウント情報

配信作品

番組表というか、全作品の一覧ページがあれば助かるのですが、その手のページがサイト内にないので、カテゴリ、ジャンル、キーワード検索等で探す必要があります。

ただ、何かとおすすめ作品が出てきますし、キーワード検索でもおすすめ作品が検索結果に並びます。

以下のような表示が出る時はパッと見で判断できるのですが、該当作品がある時は途中からおすすめ作品になっているのでわかりにくいです。

オードリーヘプバーンを検索

例えば、俳優名で検索して該当作品が2つあった場合は、並んでいる画像の3つ目以降がおすすめ作品。最初のうちは検索結果に出てくるすべての作品に出ているものだと思っていて、無関係な作品をいくつも観てしまいました。

あと、色々と検索していて思ったのですが、古い作品が少ないらしく、検索してもあまり出てきません。

ネバーエンディング・ストーリー、インディ・ジョーンズ、トップガン、スタンド・バイ・ミー、ニュー・シネマ・パラダイス等の有名な作品はありますが、邦画は少ない気がします。

「男はつらいよ」や「釣りバカ日誌」のようなシリーズものを全部視聴できるので、メリットもあるのですが、検索しても出てこない有名な邦画も結構あります。

また、Netflixのオリジナル作品もあって、とりあえずざっと見てみたのですが、印象に残ったのは「深夜食堂」くらいでした。

深夜食堂 | Netflix
新宿の路地裏にある深夜0時開店の小さな食堂。顔に傷のあるマスターが1人で切り盛りするこの店に毎晩集ま...

さいごに

今回は配信中の作品を調べることが目的だったので、最寄りのローソンで買った2,000円のプリペイドカードを使って登録しました。

また、画質にこだわりがないので、一番安いベーシックプランを選びました。

とりあえず二か月ちょっと利用したわけですが、率直な感想は、使いにくく、予想以上に観たい作品が少ない。

有名な作品や名作とされているものも多くないですし、作品探しで助けとなる検索機能の精度もよくないので苦労しました。

例えば、「山田洋次」で検索すると、監督作品である「男はつらいよ」や「学校」等は出てきますが、脚本で関わった「釣りバカ日誌」は出てきません。配信されている作品なのに出てこない。

今回のテーマである「おっさんでも楽しめるのか」ですが、結論としてはイマイチでした。もちろん、同世代でも意見が分かれるでしょうし、最近の映画や海外ドラマが好きなら楽しめると思います。

ただ、過去作を久しぶりに観てみるか、若い頃に見逃した作品を観てみようかな、って時にはがっかりすることが多いかもしれません。

とはいえ、見放題サービスが便利であることは体験できたので、他の類似サービスも試してみようと思います。